東京競馬場 芝2500m

東京競馬場 芝2500mコース図

コース攻略検証・見解

コース総合見解
目黒記念とアルゼンチン共和国杯が行われるコース。 1コーナーまでの直線距離は450m。全体距離は芝2400よりも100m長くなっただけだが、スタート地点がスタンド前直線の坂下になり、上りスタートになる。
条件戦はスローになることが多いが、GUに関しては芝2400とほとんど変わらない全体フラットなミドルペースになることが多い。速いペースで淡々と行くが、上がりの速くなるポイントが芝2400よりやや後ろにずれる。レース内容自体はけっこうレベルの高い戦いが行われる。
距離の割にペースが速くなるので逃げ馬はまず逃げ切れない。人気にかかわらず中心は差し馬。ペースが速く馬群が縦長になるので、差し馬は外目の枠でも距離損にはならない。
芝コース 1,400m 1,600m 1,800m 2,000m 2,300m
2,400m 2,500m 3,400m    
ダートコース 1,300m 1,400m 1,600m 2,100m 2,400m
更に詳しいデータなら「コースまる裸」で!
「コースまる裸」では各競馬場のコース特性、攻略情報をわかりやすく解説します。
「重賞はじめ検討」<火曜日更新>
過去のLAP傾向やメンバー比較、コースに合いそうな馬など今週の重賞を分析。
「買っても負けてもメイン反省会」<火曜日更新>
メイン展望で取り上げた先週の重賞レース回顧。次回の予想にも生かせます。
「馬場の達人」<水曜日更新>
予想の大きなファクターともなる現在の馬場状態をVTRと時計面から徹底チェック。
「メイン展望」<レース前日更新>
脚質、枠順、馬場、展開などを総合した最終見解をお届けします。
「THE FASTEST」<毎週更新>
過去のLAP傾向やメンバー比較、コースに合いそうな馬など今週の重賞を分析。
全ての会員専用コンテンツが無料で見放題!競馬LABはコチラ