【函館記念】優勝:トーセンキャプテン

2008(平成20)年7月27日 G3・函館競馬場 芝2000m、フルゲート16頭、晴・良

順位 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 着差 上り 馬体重
1着 (4) トーセンキャプテン 牡4 56.0 藤岡佑 2.00.3 36.2 498( +2)
2着 (11) フィールドベアー 牡5 57.0 秋 山 ハ ナ 36.6 498( 0)
3着 (2) マンハッタンスカイ 牡4 56.0 四 位 3/4 36.7 536( +4)
4着 (14) エリモハリアー セ8 57.5 武 幸 ハ ナ 36.1 450(-10)
5着 (7) マヤノライジン 牡7 56.0 藤 田 1 36.4 484( -4)
  • 最も正攻法の競馬をしたのは1番人気のフィールドベアー。揉まれず先団の外で進み、3角あたりから仕掛け初めて直線で先頭。秋山騎手、スムーズにソツなく乗って「1番人気の乗り方」で職責は果たしたのではないだろうか。だが、逆に言えば正攻法というものは相手に逆転の「スキ」を与えることもある。勝負では時に「正攻法」を「賭け」ともいえる思い切った戦法が凌駕してしまうことがよくある。今回の主役は間違いなく藤岡佑騎手だった。
  • 序盤は後方待機。1000m59秒の流れに敢えて乗らずに淡々と追走。脚をジックリためる。まずこれが正解。後半からも12秒台前半が続く淀みない流れ。小回り函館でもあり、3角あたりで前の馬たちは動き出さざるを得なくなるポイントでもあり、前半の流れから息を入れる間もない、厳しいレースとなった。トーセンキャプテンは持ち前のスピードを生かして難なくついていき、うまく脚を温存しつつ3角をコーナーリング。特に絶妙だったのは4角前。インをスルスルと進出。この時点でインの並びは前からメイショウレガーロ、マンハッタンスカイ、トーセンの順であったが、前を行くマンハッタンスカイが満を持して直線で先頭争いに加わるべくレガーロを外からかわしにかかると、藤岡騎手はその空いたスペースにトーセンを導く。だがすぐ前にはレガーロ。そして外にはスカイという窮屈な形になり、どうするかと思ったが、左ムチをビシビシと入れながら外に膨れさせずにラチ沿いギリギリを回って、ほとんどスペースがないと思われたインをこじ開けた。
  • この時点でフィールドベアーも先頭に並びかけようとするところ。秋山騎手は、勝ったと思っただろう。しかし、トーセンが粘り叩きあいとなり結局僅差で栄冠を逃した。最後の着差は明らかに藤岡騎手の功績。だがこれは秋山騎手との差というわけではない。秋山騎手は責められない。藤岡騎手の騎乗を褒めるしかないだろう。馬も立派。アーリントンカップで快速を見せ付けて完勝した時には、マイル路線のみならずクラシックの有力候補にすら数えられたが、故障で長期離脱。復帰後はチグハグなレースが続いていたがようやく本調子。地力を再び示した。ローカル重賞の枠にはとどまらない馬。賞金加算で一気に強気に表舞台へ乗り込んでいって欲しい。
  • 先行馬には決して適したペースではなかったが、上位は軒並み前の馬で人気を集めた馬ばかり。力の差がはっきりとしたメンバー構成だった。2着フィールドベアーは函館で大崩れなし。時計問わず、淀みのないペースで安定した結果を出す。重賞は時間の問題だろう。今日は繰り返すが相手が悪かった。3着マンハッタンスカイも同じようなタイプ。時計を問わずワンペースのレースが得意。だが、重賞タイトルまではあと一歩、突き抜けられる脚がほしいところ。4着エリモハリアーは立派。過去3連覇したレースのどれよりも早い決着。時計勝負では分が悪い。敗因は力の衰えというより展開のアヤ。今後も評価は極端に下げない方がいい。
  • 研究員アサノ プロフィール
    レース回顧やコラムが中心の競馬メルマガ「2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン」主筆。早稲田大学にて助手を務めた後、現在は某研究機関にて地域政策研究に従事。趣味は全国の競馬場巡りで、これまでに中央地方合わせて20以上の競馬場を踏破している。
  • 2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン
    競馬を楽しむためのメルマガ!!★名古屋で冠レース!!活字量たっぷり読み物メイン!解説、ニュース、提言、クイズ、登録馬紹介、新馬診断・物語、グルメ、豆知識、コラム、地方競馬観戦記!
    規約に同意して