【小倉記念】優勝:ダンスアジョイ

2009(平成21)年8月2日小倉、G3・芝2000m、フルゲート18頭、晴・良

順位 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 着差 上り 馬体重
1着 (5) ダンスアジョイ 牡8 55.0 角 田 1.58.3 35.2 516( +4)
2着 (9) ホッコーパドゥシャ 牡7 56.0 武 豊 ハ ナ 35.2 482( 0)
3着 (14) クラウンプリンセス 牝5 53.0 太 宰 ク ビ 35.4 484( -4)
4着 (13) エーティーボス 牡5 54.0  幸  ハ ナ 35.3 488( +6)
5着 (4) エリモハリアー セ9 57.0 佐藤哲 ク ビ 34.8 454(+10)
  • 人気薄のダンスアジョイが大混戦を制した。ゴール前は激しく順位が変わる激戦。ハンデキャッパーにしてみれば、狙い通りの勝負となっただろうが、馬券を買う方からすれば手も足も出ない決着…。
  • 1000mの前後半が59秒2、59秒3とほぼ同じペース。ラップタイム自体も後半はほぼ変わらない一定の流れ。これはこのレースの典型的な流れではあるのだが、先行馬にとってはずっと11秒台〜12秒台が続き、それなりにスタミナが必要。小倉のレースは、小倉記念に限らずゴール前でガラッと代わる印象があるのはこのため。最後の最後で脚が足りなくなってしまい、前と後ろでひっくり返ってしまうことが間々ある。今回も最後の1ハロンが12秒4とペースダウン。ここでひと押しの脚が使えるかがカギとなる。
  • 2着ホッコーパドゥシャは、前走に続く惜敗。今回は勝ち馬と同タイムの上がりだったものの、外を回った上に直線でダイシンプランにインに押し込められる不利もあった。外の安全策が求められる小回りコースでは、ロスが大きくなり、最後のもう一歩足りない結果となりがち。なし崩し的に脚を使わされる小回りよりも、じっくりとエンジンをかけられる長い直線のコースの方が合っている気もするが…。3着クラウンプリンセスは、距離不安視されていたもののこの内容なら合格。むしろ今後の選択肢が増えた。4角前からグイグイと手綱が動いて強気のレース。一番厳しい区間で先頭に立ち押し切るかと思わせ、地力を示した。かつては切れ味が目立つタイプだったが、こういう渋いレースができる今、中距離路線でも面白い存在になる。しかし、5着のエリモハリアーの頑張りには頭が下がる。実績からトップハンデと苦しい条件だったが、最後は一瞬、伸びを見せてあるいはこの馬が差し切るかという見せ場十分の内容。
  • 2着ホッコーパドゥシャは、前走に続く惜敗。今回は勝ち馬と同タイムの上がりだったものの、外を回った上に直線でダイシンプランにインに押し込められる不利もあった。外の安全策が求められる小回りコースでは、ロスが大きくなり、最後のもう一歩足りない結果となりがち。なし崩し的に脚を使わされる小回りよりも、じっくりとエンジンをかけられる長い直線のコースの方が合っている気もするが…。3着クラウンプリンセスは、距離不安視されていたもののこの内容なら合格。むしろ今後の選択肢が増えた。4角前からグイグイと手綱が動いて強気のレース。一番厳しい区間で先頭に立ち押し切るかと思わせ、地力を示した。かつては切れ味が目立つタイプだったが、こういう渋いレースができる今、中距離路線でも面白い存在になる。しかし、5着のエリモハリアーの頑張りには頭が下がる。実績からトップハンデと苦しい条件だったが、最後は一瞬、伸びを見せてあるいはこの馬が差し切るかという見せ場十分の内容。
  • 最下位、コスモプラチナは心房細動を発症。3角過ぎで後退。完走はしたものの残念な結果。いいペースで飛ばして、持ち味が生きるタイプだけに最後まで勝負に加わるところを見たかったのだが…。何より何とか完走してくれて良かったが。
  • 研究員アサノ プロフィール
    レース回顧やコラムが中心の競馬メルマガ「2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン」主筆。早稲田大学にて助手を務めた後、現在は某研究機関にて地域政策研究に従事。趣味は全国の競馬場巡りで、これまでに中央地方合わせて20以上の競馬場を踏破している。
  • 2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン
    競馬を楽しむためのメルマガ!!★名古屋で冠レース!!活字量たっぷり読み物メイン!解説、ニュース、提言、クイズ、登録馬紹介、新馬診断・物語、グルメ、豆知識、コラム、地方競馬観戦記!
    規約に同意して