【桜花賞】優勝:アパパネ

2010(平成22)年4月11日阪神、G1・芝1600m、フルゲート18頭、晴・良

順位 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 着差 上り 馬体重
1着 (9) アパパネ 牝3 55.0 蛯 名 1.33.3 34.1 480( +2)
2着 (8) オウケンサクラ 牝3 55.0 安藤勝 1/2 34.5 486( 0)
3着 (11) エーシンリターンズ 牝3 55.0 福 永 ク ビ 34.3 440( 0)
4着 (1) ショウリュウムーン 牝3 55.0 佐藤哲 1/2 34.0 454( +4)
5着 (3) アプリコットフィズ 牝3 55.0 横山典 3/4 34.4 426( -4)
  • レースの展開は前半がかなりのスローとなった。半マイルが47秒5。これは過去10年で3番目に遅いペース。ただ、後半の半マイルは45秒8と、逆にこちらは過去10回で最も速いラップ。結果、レースタイムはスローにも関わらず1分33秒台の決着という珍しいレースとなった。とにかく後半が猛烈に速い時計。ただ、前半でラクができた分決して消耗戦となるような速さではなく、あくまでスピードが試されるレース。
  • 特に注意したいのはこの後半の半マイルの時計が、平均すると実に11秒45だった点。さらに、直線に入って2ハロンが11秒1の連続だったことにも注意したい。これでは、いくら脚をためていたとしても、このラップで後続を追い抜かすには、競走馬の物理的限界に限りなく近づかなくてはならない。つまり、後方の馬、4コーナーあたりで中団より後ろだった馬にとっては、この展開によって逆転が不可能とされてしまった。結果、上位を占めたのは当然比較的前に位置した馬たちとなった。
  • 2歳女王アパパネが最後までヒヤヒヤとさせたものの、キッチリとゴール前でオウケンサクラを捕らえきった。スタート直後は、前走のようにやや行きたがるところを見せながら先頭付近。今回はいい枠を引いたお陰でスムーズに前へ。オウケンサクラが先頭へと行くと、手綱を引っ張って先団の位置にまで下げる。この位置は結果的にも良かった。直線では、前のスペースが開きそうではあったが、進路を外へと求めてやや追い出しが遅れ、最後までなかなかオウケンサクラに詰め寄れなかったが、力で捻じ伏せた。
  • この3走は、不運にも大外を引いてしまったこともあり、レースパターンは中団あたりから切れ味を生かすというもの。ただ、自在性を感じさせる馬。スムーズなレースができればどういうレースをするかと思われたが、今回は先行して抜け出す教科書通りのレースができたのは収穫だろう。ここ数戦は切れ味が問われるレースだったが、今回は違う能力が問われたレース。前半と後半でガラッとペースが変わるレースであり、4ハロンの区間で脚を使い続ける長い脚と、時計に対応できるスピードが問われたレース。1つまた一流馬としての試練をクリアした。10回走っても10回この馬が勝つだろう。しかも、その10回中、一番厳しいレースが今回のレースだった気がする。折り合いさえ問題なければ、オークスでも当然首位有望。スピード、瞬発力、スタミナどれも死角がない。
  • 1〜4着馬はチューリップ賞(G3)の1〜4着馬。2着オウケンサクラは安藤勝騎手が強気の逃げ。前走で前々の競馬で初重賞勝利を飾っていたが、今回はアパパネよりも前を意識したか、アパパネが好スタートから先頭をうかがう勢いを見せるとハナを主張した。刻んだペースは絶好。逃げ馬としてのこの馬の長所は未知だが、今までのレースぶりからすると、1800mを先行して勝ったように今回もペースさえ落ち着けられれば最後まで伸び続けられる自信があったはず。チューリップ賞以前は控えて差す競馬だったが…。その意味では、フラワーカップでの経験があったからこその今回の結果。3着エーシンリターンズは、前々で立ち回り展開にうまくはまった。
  • 4着ショウリュウムーンは、最速タイの上がり。渋った馬場で勝っただけに、今回の高速決着に対応できたのは評価。道中はインを回ってうまく立ち回ったがわずかに届かず。外に出すロスもあった上、坂でちょっと外にふらついてしまった。前の多くが脚色一緒になってしまう中でも、しっかりと他馬をかわした差しは素晴らしい。5着アプリコットフィズは、先団のインを回っていい位置をキープ。しかし、直線ではタンパク。体重が減ってしまっていたのは気になったが…。大物感あり、引き続き期待したい。血統的には東京の2400mの方が合っているはずだ。
  • 研究員アサノ プロフィール
    レース回顧やコラムが中心の競馬メルマガ「2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン」主筆。早稲田大学にて助手を務めた後、現在は某研究機関にて地域政策研究に従事。趣味は全国の競馬場巡りで、これまでに中央地方合わせて20以上の競馬場を踏破している。
  • 2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン
    競馬を楽しむためのメルマガ!!★名古屋で冠レース!!活字量たっぷり読み物メイン!解説、ニュース、提言、クイズ、登録馬紹介、新馬診断・物語、グルメ、豆知識、コラム、地方競馬観戦記!
    規約に同意して