【宝塚記念】優勝:ナカヤマフェスタ

2010(平成22)年6月27日阪神、G1・芝2200m、フルゲート18頭、晴・稍重

順位 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 着差 上り 馬体重
1着 (17) ナカヤマフェスタ 牡4 58.0 柴田善 2.13.0 35.8 466( +2)
2着 (8) ブエナビスタ 牝4 56.0 横山典 1/2 36.3 460(+12)
3着 (2) アーネストリー 牡5 58.0 佐藤哲 1/2 36.6 526( -6)
4着 (18) ドリームジャーニー 牡6 58.0 池 添 1/2 35.9 428( -6)
5着 (3) ネヴァブション 牡7 58.0 後藤浩 36.4 482( +6)
  • 1番人気ブエナビスタの出方が注目されたが、再びの先行策で3番手のイン。前目に有力馬が集まる隊列となった。ただ、前掛かりとはいえ決してペースは速くなく60秒ちょうど。折り合いに一癖あるナムラクレセントにペースを任せて他馬は動かず、淡々と出方を互いに窺う道中。しかし、流れ自体は決して楽な流れではなく、ジワジワとスタミナを奪う流れではなかっただろうか…。
  • 渋った馬場ゆえ、勝ち時計の2分13秒ちょうどという時計も含めて、「絶対値」での数字での評価は難しい。だが、1つの手がかりとして、流れの厳しさの見方にハロンタイムの「幅」を見ることで、経年的な比較がある程度可能となる。この「幅」とは、レースのハロンタイムのうち、最速の区間と最も遅かった区間の時計の差で求められる。これが小さいほど一定のペースで緩急なくレースが進んだということができ、タメが利かない、脚をなし崩し的に使わされる展開であるといえよう。実は、今回はまさにこれに該当する。京都で行われた06年は除いて、過去10回でこの幅を算出すると、今まで最も幅が少なかったのは、00年の1秒7(最速11秒2、最遅12秒9)だったが、今回は1秒6とこれを更新。さらに絶対値の面でも今回は最速11秒1、最遅12秒7と上回っている。馬場が渋っているにも関わらず、ある程度速い時計で今までにない緩急のないペースだったといえよう。非常にタフなレースであり、ある程度の時計についていけるスピードと、そして、ワンペースに耐えられるだけのスタミナを併せ持つという総合力が問われる流れとなった。
  • こうなると、基本的にこの緩急なきペースに付き合わされた先行馬は特に厳しい流れ。逆に言えば、前の位置取りで粘りこんだ馬たちは、その能力を素直に評価していい。ブエナビスタは、横山典騎手が冷静に乗り、このペースで最後まで我慢させて直線で勝負に賭けた。目標は途中から前にいた人気馬、アーネストリーだっただろう。4角でこのペースに脚が上がり始めたナムラクレセントを交わさざるを得ない形で、アーネストリーが先頭に立つとそれを後ろから追いかけて完璧なタイミングで仕掛け、ブエナビスタを先頭へ導く。執拗(しつよう)な抵抗にあったものの坂の途中、力でこれを捻じ伏せてG1タイトルを重ねたと思われたが…。横山典騎手の乗り方は完璧だった。負けても最近コメントが少ない同騎手だが、言い換えれば、やれることはやったという自信の表れなのだろう。今回も力は出し切らせた。ただ、誤算はこのペースで脚を使わされていたため、最後の伸びが期待したほどではなかったこと、そして、仕方がないことだが、ナカヤマフェスタという馬の力が掴み切れていなかったことだろう…。
  • 勝ったナカヤマフェスタは、柴田善騎手が中団の外で控えさせる競馬。この流れの中で、脚を十分にためられたのは良かった。つかみ所のない馬だが、スタミナも瞬発力も、そして渋った馬場の適性も今までのレースで示してはいたが…。この馬のいいところは、1回エンジンが掛かると絶対に止まらないところ。力が要る馬場、もっと長い距離で今後も活躍が期待される。荒削りの素質馬が軌道に乗るか。
  • 3着アーネストリーは、佐藤騎手が前々で押し切ろうという強気のレースぶりだったが、この流れは決してこの馬には向いたとは言えない。早め先頭の形で直線、坂で脚が上がってしまった。今回は仕方がない負け。むしろ、これでもまだ3着を確保したのだから立派だ。4着ドリームジャーニーは、スタートで大きく外に出てしまい後方から。位置取り的には、当初の予定通りであると思われ、その意味でロスは少なかったはず。ただ、この抑揚のないペースでは、力のある馬が前にいると残ってしまいとらえ切れない…。
  • 研究員アサノ プロフィール
    レース回顧やコラムが中心の競馬メルマガ「2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン」主筆。早稲田大学にて助手を務めた後、現在は某研究機関にて地域政策研究に従事。趣味は全国の競馬場巡りで、これまでに中央地方合わせて20以上の競馬場を踏破している。
  • 2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン
    競馬を楽しむためのメルマガ!!★名古屋で冠レース!!活字量たっぷり読み物メイン!解説、ニュース、提言、クイズ、登録馬紹介、新馬診断・物語、グルメ、豆知識、コラム、地方競馬観戦記!
    規約に同意して