【マーメイドS】優勝:フミノイマージン

2011(平成23)年6月12日東京、G3・芝1800m、フルゲート18頭、曇・良

順位 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 着差 上り 馬体重
1着 (8) フミノイマージン 牝5 55.0 太 宰 2.00.4 34.3 480( -4)
2着 (4) ブロードストリート 牝5 56.0 岩 田 1 1/4 34.7 450(+10)
3着 (5) アースシンボル 牡6 52.0 高 倉 1 1/2 34.8 468( +2)
4着 (6) イタリアンレッド 牡5 53.0 福 永 ハ ナ 34.7 480( -4)
5着 (11) モーニングフェイス 牡4 51.0 川 須 ク ビ 35.3 520(+18)
  • ここ数年の傾向から、軽斤量の先行馬が人気を集めた一戦。特にアスカトップレディは上がり馬にも関わらず1番人気。ポルカマズルカなども戦前の評価以上に人気を上げて、ハンデ戦ならではの決着を望んでいたファンも多かったはず。だが、終わってみれば人気こそ2番人気と7番人気ではあったが、55kg、56kgの実績馬がワンツーフィニッシュとなった。
  • 逃げ候補はセラフィックロンプもいたが、結局ポルカマズルカがジワッと先頭へ。各馬一団となってスローペースで前半から入っていく。1000m通過が61秒2。これは過去10年とで最も遅いタイム。ウィリアムズ騎手は「この馬にしては速すぎた。もっと距離が短い方がいい」と述べたが、このペースでそれはどうかと思う…。もしそうであれば、この馬が走れるレースは「ない」とさえ思えるが…。真意は不明も不可解ではある。ただ、一点このペースにも関わらずポルカマズルカが最後まで踏ん張れなかった要因は、実力差以上にペースの「動き」、「変化」であろう。3ハロン、4ハロン目にそれぞれ12秒8をマークすると、その後は実にずっとペースは上がりっぱなし。最後の坂で僅かにペースダウンしたが、ジワジワと先行馬は体力を奪われる流れとなった。ポルカマズルカは、こんなに淡白に負ける馬でもないが、今回はタメができなかったことが敗因だろう。ウィリアムズ騎手とは違い、個人的にはもっと長い距離で自分の、逃げ馬のペースを作っていく競馬が合っているのではないかと思うが…。
  • さて、この流れで1番人気のアスカトップレディは、4、5番手の内で待機。2番人気のフミノイマージンは、出遅れたものの当初の予定通り後方で脚をためる競馬。末脚を活かす競馬を選択する。イタリアンレッドもフミノイマージンの前で脚を温存。実績馬プロヴィナージュは先団の位置に久々につけたが、このペースに警戒をしたか、積極的には動かず、あるいは動けずに外を淡々と回っていくだけの競馬となった。隊列はそのままで全体は10馬身にも満たないほどに凝縮されたままで直線へ。ここでまず軽斤量のモーニングフェイスが勝ちに行く競馬で先頭へ。アスカトップレディは最内でこのペースでやはり脚を消耗していたか、伸び切れないままに後退。これら逃げ・先行馬はやはり厳しかったか。ここ最近のように軽ハンデ馬が前々で押し切るというパターンは不発。加速が続く流れでむしろ地力が問われ、斤量など関係なく地力が問われる紛れのない実力勝負となった。一方で上述のように差し馬は、この流れで最後まで脚をためて直線での勝負で逆転。上位馬のほとんどが後方で待機していた馬たち。この中で明暗を分けたのは、比較的短い直線での「切れ味」だろう。残り400mの直線でゴーサインを出したフミノイマージン。この馬の長所は一瞬の差し。大胆に大外を強襲すると、グングンと伸びて最後は敢然と抜け切り重賞2勝目を飾った。
  • 前走は金鯱賞(G2)で宝塚記念(G1)を狙う牡馬たちと戦いながらも6着と健闘。牝馬同士であれば負けられない一戦だったが、斤量関係なく地力の違いを示しての完勝。一瞬のギアチェンジは直線の長短に関係なく他馬を最後に捻じ伏せてしまう破壊力を秘める。秋を展望する上では、最大目標はエリザベス女王杯(G1)となろうが、アパパネとの兼ね合いが課題。この馬は、京都のダラダラと加速するコースよりも、メリハリのある直線キッカリで叩き合いが始まるレースの方が合っている急加速の差し馬。距離は伸びても対応できるだろうが、東京、阪神、新潟のような広いコースが合っていると思う。切れ味だけならばG1でも楽しみな馬だが、まだ格上の相手とは戦っていないところもあって…。評価は今後の競馬次第。
  • 研究員アサノ プロフィール
    レース回顧やコラムが中心の競馬メルマガ「2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン」主筆。早稲田大学にて助手を務めた後、現在は某研究機関にて地域政策研究に従事。趣味は全国の競馬場巡りで、これまでに中央地方合わせて20以上の競馬場を踏破している。
  • 2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン
    競馬を楽しむためのメルマガ!!★名古屋で冠レース!!活字量たっぷり読み物メイン!解説、ニュース、提言、クイズ、登録馬紹介、新馬診断・物語、グルメ、豆知識、コラム、地方競馬観戦記!
    規約に同意して