【エリザベス女王杯】優勝:スノーフェアリー

2011(平成23)年11月13日京都、G1・芝2200m、フルゲート18頭、晴・良

順位 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 着差 上り 馬体重
1着 (18) スノーフェアリー 牝4 56.0 ムーア 2.11.6 33.8 472(---)
2着 (1) アヴェンチュラ 牝3 54.0 岩 田 ク ビ 34.2 478( -4)
3着 (4) アパパネ 牝4 56.0 蛯 名 34.7 496( -6)
4着 (3) ホエールキャプチャ 牝3 54.0 池 添 1 1/2 35.1 456( -4)
5着 (9) レインボーダリア 牝4 56.0 川田将 34.6 454(-16)
  • 57秒台の快足を示したのは、シンメイフジ。逃げ候補が不在でスローペースも予想されていたが、その虚を突くような北村騎手の逃げ脚。2年前のあの決着を再現しようとするかの大逃げとなった。その後ろには有力馬が集中。ホエールキャプチャは今回も先団につけて2番手。さらにアパパネも今回は積極策でこの一角。そして、驚きはアニメイトバイオ。田辺騎手、思い切って3番手で1コーナーを回っていった。日本の3歳女王、アヴェンチュラはこれらの馬を見ながら先団の後ろのインを追走していく。イタリアンレッドもまたこの外を追走。そして、1番人気スノーフェアリーは後方からの競馬。
  • 1000m通過は、逃げ馬のもので10〜20馬身遅れて追走する後続は、今の京都の馬場を勘案しても、実質平均ペースだったと思われる。しかし、こうなるとなかなか仕掛けどころが難しい。前の馬は人気薄とはいえ、2年前のようにあまり軽視していると取り逃がすこともありうる。また、先に行けば最後の直線で脚が持たない可能性もある…。非常に悩ましいところだった。そのためか、全体としてジワッと加速していくものの、基本的には各馬の位置取りは4コーナーまで変わらず。3コーナーから集団とシンメイフジとの間隔が詰まっていったことを考えると、やや長い区間での京都外回りらしい脚比べとなった。さて、この区間でのスパートは見た目ではわかりにくいが、タフな凌ぎ合いとなっていたと推測される。目測で、大体逃げ馬と後続の先頭だったホエールキャプチャとの差は時計にして3秒ほど。残り800m地点の逃げ馬の通過が1分22秒7であるので、単純に1分25秒7ぐらいだっただろう。勝ち時計は2分11秒6。これを引き算して、残り4ハロンのホエールキャプチャ以降のタイムを推計すると、45秒台と速い時計だった。全体的にこのポイントまでのペースは速くはないとはいえ、息が入らないままに最後の勝負どころに突入してしまった。地力が問われる、厳しいレースとなったと言えよう。
  • この展開で、まず抜けてきたのは、ホエールキャプチャとアパパネ。直線に入ってもシンメイフジが意外に手ごたえが残っていたが、直線半ばで一気に急襲。さらに外からアヴェンチュラが先頭へ。ゴール前で2頭をかわしたアヴェンチュラがそのまま押し切ると思われたところで、いつの間にかインにいたスノーフェアリーが一閃。強烈な決め手で最後の最後に大逆転。着差以上の完勝で連覇を達成した。
  • 勝ったスノーフェアリーと他馬の明暗を分けたのは、コース取りだっただろう。大外枠でかなりの不利が予想されていた同馬。状態面の不安もあったが、この不利をレースの中でどのように解消するかがカギだった。ムーア騎手は、道中後方。前年はある程度前での競馬だったが、今回は枠から出たなりの発走と位置取り。向こう正面でもまだ外目を追走。しかし、上手かったのは3コーナー。コーナリングのところでスッと内に馬を入れると、スルスルと上昇していく。大外を回すロスだけは避けたかったのだろう。前年もインを突いて直線抜けてきたが、そのイメージでの騎乗。結果的に馬場が決していいところを通ったとは言えないが、タフな後半の展開で距離のロスを最小限にして直線を迎えられた。最後も僅かな隙間を突いての末脚。この馬はやはり強い。
  • 2着のアヴェンチュラも誉めていいだろう。先団の馬たちを後ろで見ながら、4コーナーで同時にスパート。完全な勝ちパターンでゴール前では勝ったと思ったが、ピンクの帽子が抜けてきたのには驚愕。ただ、この距離で期待通りの正攻法。勝ちに行く競馬ができたのは収穫。昨年の3歳牝馬三冠アパパネが3着に負けたのとは違う、まだ伸びしろを感じさせる走りだった。底力がなければできないレースだった。
  • 研究員アサノ プロフィール
    レース回顧やコラムが中心の競馬メルマガ「2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン」主筆。早稲田大学にて助手を務めた後、現在は某研究機関にて地域政策研究に従事。趣味は全国の競馬場巡りで、これまでに中央地方合わせて20以上の競馬場を踏破している。
  • 2回中山3日目やや重−中央地方競馬マガジン
    競馬を楽しむためのメルマガ!!★名古屋で冠レース!!活字量たっぷり読み物メイン!解説、ニュース、提言、クイズ、登録馬紹介、新馬診断・物語、グルメ、豆知識、コラム、地方競馬観戦記!
    規約に同意して